義務化される相続登記を放置しないで

相続登記の相談を積極的にしてみよう

人が亡くなった場合、その人が所有している不動産があればそれは相続の対象になります。相続をする場合には誰が権利者であることを大賛成に教えるために相続登記と言うものをしなければいけません。この相続登記と努力をするときには、必ず司法書士に依頼しないといけないわけではありませんが、基本的に司法書士に依頼するのが基本となっています。少し前は、特に相続登記はしないといけないと分かっていながらも、すぐに実行しない人がたくさんいました。

特に実行しなくても問題ない地図が多かったからです。例えば自分の家を売却すると言った場合であればそれはとりあえず相続登記ぐらいはしておかなければいけないでしょう。そうでない場合は、特にそのまま放置していたケースが多くありました。ところが、その所有者がわからなくなる位昔の出来事になると、権利関係がかなり複雑になり、その不動産を売却するのが難しくなります。

これを防ぐために2024年から3年以内に相続登記をしなければいけないといったことが定められます。この場合には、まず司法書士に相談をしてみると良いかもしれません。相談料金に関しては、その司法書士事務所によって異なりますが最近は無料で相談を受け付けているところもあります。相談をしたからといって、必ず契約をしなければいけないと言うことではありません。

場合によってはそのままで問題ないケースもあります。いくつか比較をした上で事務所を選ぶと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です