義務化される相続登記を放置しないで

相談しないことで生じる相続登記の不利益を知ろう

普通、相続登記を行う場合には事前に専門家である司法書士に相談をすることが一般的です。登記手続きに関しては、法律的な知識が多分に求められることになりますので、素人だと全く対処することができない可能性を否定できないからです。実際に、相続登記というのは様々な形で手続きを進めていく必要がありますので求められる書類なども多いです。ですから、専門的な相談を行う事によって初めて権利者に対して所有権を移転させることができるようになります。

ただ、現実的な観点からこういった相続登記の相談を行っていない人も少なくありません。これは、放置したとしてもその人物に対する罰則がほとんどなく手間をかけることに躊躇している人が多いからです。相続登記に関しては、放置する意味がほとんどなくむしろ将来的な観点からは大きな不利益を蒙る可能性が高いものです。不動産が売れなくなってしまったり、そもそも担保設定を行うことができないのでローンを借りることができないといった大きなデメリットが存在します。

特に問題なのが、不動産担保ローンとして利用することができないことです。仮に、自分が保有している不動産を担保に入れて大きなお金を借りたいと考えていてもその所有権は法律的にその人物に帰属しているかどうかがわからない状態なので、お金を借りられなくなってしまいます。こういった事態に発展しないようにするためにも、必ず相続登記の相談を専門家にしておくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です