義務化される相続登記を放置しないで

遺産分割協議書も相続登記の必要書類になる

父母や祖父母から遺産として不動産を受け継いだのが自分だけではなく、兄弟や姉妹も同様に権利者であった場合には、相続人全員が集まって遺産分割協議を行うことになります。誰がどのように遺産を受け継ぐか、あるいは不動産を分割するかを話し合うためのもので、全員の同意がなければ決定することができません。土地や建物といった不動産は資産価値が高いため、特に全員が納得できるように十分に話し合いを重ねる必要があるでしょう。遺産の分割について話し合いが完了したら、協議がまとまったことを示すために遺産分割協議書の作成を行います。

遺産分割協議書には権利を持つ相続人全員が署名を行います。遺産分割協議書は相続人全員が話し合いの結果に納得したことを示す書類となり、相続登記の必要書類に加えられます。複数の相続人がいる場合に相続登記の必要書類では、遺産分割協議書のほかに全員の戸籍謄本などが必要になる点にも注意しましょう。また、相続人の印鑑証明書なども必須となっており、こちらも相続登記の必要書類に提出することになります。

被相続人の出生から死亡までを証明する戸籍謄本や固定資産評価証明書などは、相続人が1人だけの場合と同様です。これらの相続登記の必要書類を集め、登記申請書を作成して法務局で手続きを行うことになります。遺産分割書の作成や手続きが難しい場合には司法書士などの専門家を頼ることにより、申請をスムーズに終えることができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です